welcome to Or blanc online mall !!

tetu 大阪鉄器 鉄鍋両手26

もっと見る

tetu 大阪鉄器 鉄鍋両手26
¥12,960
重さを軽減するためにバランスを考慮し、持ちやすさを求めた取手の形です。ガラス蓋対応サイズ。既製品のガラス蓋に対応した大きさで、身近に手にとる普段使いの鉄鍋です。片手14はトースターやグリルに入る大きさです。また、一人用の鍋として丁度いい容量で、器として熱々の料理が食べられます。外側に反り出した鍋の形状は、ソースや汁物を注ぎやすい形です。 ■素材/錆鉄 ■W297×D297×H47mm/満水約2L ■重量/約3.9kg■IH対応 
商品情報

詳細



持ちやすい取手

重さを軽減するためにバランスを考慮し、持ちやすさを求めた取手の形です。

ガラス蓋対応サイズ

既製品のガラス蓋に対応した大きさで、身近に手にとる普段使いの鉄鍋です。

ちょうど良い大きさ

一人用の鍋として丁度いい容量で、器として熱々の料理が食べられます。

注ぎやすい形

外側に反り出した鍋の形状は、ソースや汁物を注ぎやすい形です。


■素材/錆鉄

■W297×D297×H47mm/満水約2L

■重量/約3.9kg■IH対応
tetu
鉄鋳物は溶かした鉄を砂型に流して成形するため肉厚が約4mm 程あります。

鉄鍋では「厚い」鉄が熱をしっかり蓄熱して、食材をのせた時の表面温度が下がりにくく、

食材の旨みを逃がさず瞬時に調理します。

鉄瓶の内側には、酸化皮膜を付けた「金気止め」を施し、

使い込むことで酸化皮膜に変わり白い湯アカが付着し<錆から守り湯に鉄分を与えます。

「厚い」鉄が、湯に熱とともに鉄分をじっくり与え、まろやかになります。

また「厚い」鉄は変形率が低く、IH 調理器にも適した素材と言われています。


毎日の暮らしのお気に入りの道具として、いつまでも使って頂きたい、

そんな願いを込めてお届け致します。

ご結婚のお祝いや新築・引越祝いのプレゼントにも喜ばれております。


家具デザイナー
1960年東京生まれ。木工技術を習得した後、
デザイナー原兆英と原成光に師事。
1990年Koizumi Studio設立。
2003年にはデザインを伝える場として「こいずみ道具店」を開設。
建築から箸置きまで生活に関わる全てのデザインに関わり、
現在は日本全国のものづくりの現場を駆け回り地域との恊働を続けている。
2005年より武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授
2007年より日本デザインコミッティーメンバー
2012年 毎日デザイン賞

著書
「デザインの素」2003年
「と/to」2005年
「monogatari」2007-2009年(全日空機内誌「翼の王国」で連載)
「素材の素」2009-2013年(全日空機内誌「翼の王国」で連載)


レビュー

商品のタグ

タグを区切る場合は半角スペースを使用してください。単語にはシングルクオート(')を使用してください。